SAMPLE SITE

4.事業報告


JEMAの活動について

● 平成31年1月 ——

JEMA本部にて定例理事会を開催しました。
理事会終了後、当協会の吉川顧問から講義を受けました。

● 平成30年11月 ——

別府湾ロイヤルホテルにて定例理事会を開催しました。

● 平成30年7月 ——

全国火葬場残骨灰合同供養会を栗山寺(北海道)において、本年も開催致しました。
供養会終了後は、㈱総研にて定例理事会を開催しました。

● 平成30年5月 ——

全国火葬場残骨灰合同供養祭を明治の森霊園(大阪府)において、本年も開催致しました。
供養祭終了後は、明治の森霊園にて定例理事会を開催しました。

● 平成29年8月 ——

全国火葬場残骨灰合同供養会を栗山寺(北海道)において、本年も開催致しました。
供養会終了後は、㈱総研にて定例理事会を開催しました。

● 平成29年8月 ——

全国火葬場残骨灰合同供養会を栗山寺(北海道)において、本年も開催致しました。
供養会終了後は、㈱総研にて定例理事会を開催しました。

● 平成29年2月 ——

適正化の研究一環で、沖縄県南斎場様と太平山安国禅寺様のご協力を得て、見学とディスカッションを行いました。
見学終了後は、太平山安国禅寺様にて定例理事会を開催しました。

● 平成28年10月 ——

(一社)日本火葬技術管理士会の主催で日本火葬フォーラムが開催されました。
その中で、「残骨灰の現状と課題」をテーマにパネルディスカッションが行われ、当協会から中道理事(株式会社阪神マテリアル)が出席されました。
パネルディスカッションでは、残骨灰を売却している自治体があることや、有価物の回収を目的としたリサイクル会社の参入といった課題が報告され、遺族感情を第一に考えた残骨灰処理事業の提言を行いました。

● 平成28年8月 ——

全国火葬場残骨灰合同供養会を栗山寺(北海道)において、開催致しました。
本年はあいにく天候が悪く、本殿にて執り行われました。
供養会終了後は、㈱総研にて定例理事会を開催しました。

● 平成28年4月 ——

明治の森霊園(大阪府)において、全国火葬残骨灰慰霊祭を開催致しました。

● 平成28年1月 ——

アルック・葬儀ビジネス研究所 吉川美津子様と対談。

● 平成27年12月 ——

「活動報告ならびに環境新聞」を送付いたしました。
活動報告ならびに環境新聞送付

● 平成27年11月 ——

静岡県浜松市から三方原墓園遺骨整理事業を受託致しました。
東北大学 宗教学 鈴木岩弓教授と対談。東北大学の施設見学を実施致しました。

● 平成27年8月 ——

全国火葬場残骨灰合同供養会を栗山寺(北海道)で開催致しました。

● 平成27年7月 ——

明治の森霊園(大阪府)において、全国火葬残骨灰慰霊祭を開催致しました。

● 平成27年5月 ——

群馬県甘楽西部環境衛生施設組合から残骨灰処理業務を受託致しました。

● 平成27年4月 ——

残骨灰の売却を継続している市町村の首長宛に「質問書」を送付いたしました。
質問書

● 平成27年2月 ——

全国約1300の地方自治体を対象に「火葬残骨灰取扱いに関するアンケートの集計結果」を配布いたしました。
火葬残骨灰取扱いに関するアンケートの集計結果

● 平成26年12月 ——

全国約1300の地方自治体を対象に「残骨灰の処理に関する要請書」を配布いたしました。
残骨灰の処理に関する要望書

● 平成26年10月 ——

明治の森霊園(大阪府)に埋葬地を設け、開眼式ならびに供養祭を執り行いました。
式典後、高野山にて研修を行いました。

● 平成26年7月 ——

全国約1300の地方自治体を対象に「火葬残骨灰取扱いに関するアンケート」のご協力をお願い致しました。
火葬残骨灰取扱いに関するアンケート

● 平成26年3月 ——

一般社団法人 全国環境マネジメント協会 設立

ページのトップへ戻る